N国党をぶっ壊す!

1日も早くNHKのスクランブル放送実現し「NHKから国民を守る党」をぶっ壊そう!

こんなタイトルですが、NHKから国民を守る党を応援しています。
詳しくは「N国党をぶっ壊す!について」をご覧ください

ビジネス保守言論人の悪口をいっぱい書きます

私はビジネス保守言論人が嫌いです。
ビジネス保守言論人とは「お金儲けのために保守ぶってる言論人」のことです。

ビジネス保守言論人の特徴は

①立憲民主、国民民主、共産など特定野党の批判は散々言うけど自民党、特に安倍総理の批判はしない

②特定アジアの話題になると狂ったように騒ぐ

③外交・安全保障については語るが国内経済のことは語らない

④そのくせに民主党政権時の国内経済については饒舌

こんな感じです。
 

NHK集金人、台風被害に苦しむ被災者にまで集金行為

NHKから国民を守る党の塩田和久川口市議会議員の動画に信じられない証言があがっていました。
台風15号で甚大な被害を受け、今もなお広域停電の地域のある千葉県にて、NHK集金人が集金行為を行っているというのです。

詳しくは動画を見ていただくとして、塩田議員と被災者の方との会話の部分を要約して書きだしておきます。


被災地?関係なし!NHKは攻めてきます!
 

受信料は「同時履行の抗弁権」により拒否すればいい

言いたいことはタイトル通りなんですが「同時履行の抗弁権」ってなんだよそれ?という方も多いと思うので解説します。

同時履行の抗弁権とは
双務契約の当事者の一方は、相手方がその債務の履行を提供するまでは、自己の債務の履行を拒むことができるとする権利(抗弁権)である。
双務契約には、当事者の公平を図るという観点から、一方の債務の履行と他方の債務の履行は互いに同時履行の関係に立つという履行上の牽連関係が認められるという点に根拠をもつ権利である。
日本の民法においては民法第533条に定められている。

簡単に言うと

契約時に相手が契約内容を履行しないなら、こっちも履行しないからな

という権利の話です。
例えば買った車が納車日になっても納車されないのに車屋さんが「お金を払ってください」と言ってきた時、「納車されるまでお金は払いません」と拒否できる権利ですね。
当たり前と言えば当たり前の話なんですが、これを難しく言うと「同時履行の抗弁権」になります。
 

国民民主党と共闘など定例の記者会見

時間のない人向けに動画の内容をまとめる「忙しいN国支持者のための動画まとめ」です

今回は9月13日金曜日に行われた立花党首による定例会見の内容をまとめます。


国民民主党と共闘など定例の記者会見1


国民民主党と共闘など定例の記者会見2

各項目の横にその内容が話されている時間も記載しておきましたので、興味のある内容につきましては直接動画をご覧ください。
 

竹島

時間のない人向けに動画の内容をまとめる「忙しいN国支持者のための動画まとめ」です

今回まとめるのは立花党首が中央区議会の二瓶文徳議員のもとを訪れた際の「竹島に関する発言」です。

NHKから国民を守る党 立花孝志党首が無断で離党した二瓶文徳に会いに行った2 2019/09/10


デイリースポーツが「N国・立花代表、竹島を捨てる議論も必要…「70年近く占領されている」」という記事を掲載したことから、主に保守系から立花党首への批判が殺到しました。



N国党・立花党首の竹島発言

逆に支持者からは「発言が切り取られている、印象操作だ」とデイリースポーツを批判する声も上がっています。
 

NHKから国民を守る党 立花孝志 緊急会見

時間のない人向けに動画の内容をまとめる「忙しいN国支持者のための動画まとめ」の第三回目。

過去のまとめ




本日は9/9の17時より行われた「N国党・立花党首 出処進退に関する緊急記者会見の内容まとめです。

緊急記者会見 本日17時~ 参議院議員立花孝志の出処進退について


質問の音声が聞き取りにくく間違ってる点があるかもしれませんのでご了承ください
各項目の横にその内容が話されている時間も記載しておきましたので、興味のある内容につきましては直接動画をご覧ください。
 

弁護士が解説した「マツコ&東京MXへの1万人集団訴訟」

『ユーチューバーNEXT』の代表取締役であり弁護士でもある岡野武志氏が、N国・立花党首の「マツコ&東京MXへの1万人集団訴訟」について解説した動画がありましたので内容をまとめておきます。


立花孝志さんがマツコ・デラックスさん&東京MXに1万人の集団訴訟提訴!真の狙いを弁護士が解説します!


結論から言いますと

1万人が集まり裁判を起こした時点でN国・立花党首の勝ち

です。
それでは内容にいきましょう。
 

N国・上杉幹事長『党人権宣言』記者会見まとめ

時間のない人向けに動画の内容をまとめる「忙しいN国支持者のための動画まとめ」の第二回目。
本日は9/4に行われましたN国党・上杉隆幹事長の『党人権宣言』記者会見の内容をまとめたいと思います。

2019年9月4日 記者会見 『党人権宣言』 N国党 上杉隆幹事長


今回も各項目の横にその内容が話されている時間を記載していますが、youtubeのコメ欄で指摘もあるように音声が小さくて聞きにくいんですよね。
そのためにもしかしたら聞き間違いなどがあるかもしれませんのでご了承ください。
上杉隆幹事長、対策のほどよろしくお願いします。

では、以下まとめです。
 

N国党定例記者会見(2019.9.6)まとめ

こんにちわ。管理人です。
先日、ブログを見ていただいた方より以下の様なコメントを頂きました。

N国の方たちはYou Tubeによって情報発信を行っていますが、忙しい毎日の中すべての動画に目を通し、彼らの主張や考えをインプットするのはなかなか難しいことと思います。
N国支持者の中には「テレビなんか見る暇ねーよ。それなのになんでNHKの受信料払わなきゃならねえんだよ」と考える人もそれなりにいるかと思います。
そんな中こちらのブログのように文字ベースでまとめていただいておりますと、少しの空き時間で確認することができ非常に助かります。

確かにその通りですよね。
私自身も社畜の身ですので、全ての動画を見るなど不可能です。
しかしせっかく情報発信しているのに、N国の支持者や興味を持っている方に届かないのは非常に惜しいと思います。
ですので私の出来る範囲で、動画の内容を文字でまとめていきたいと思います。

まず今回は9/6に行われましたN国党定例記者会見の内容をまとめます。

【N国党 党首会見】すべて語ります!(テロップ直しました)


各項目の横にその内容が話されている時間も記載しておきましたので、興味のある内容につきましては直接動画をご覧ください。
 

受信料は公共放送を維持運営するための負担金

NHKの上田良一会長が記者会見の場で「受信料は、公共放送の事業を維持運営するための負担金であり、放送の対価ではない」とコメントしました。



ー記事抜粋ー

NHKの上田良一会長は5日の記者会見で、今年7月の参院選で「NHKから国民を守る党」が議席を獲得したことについて「民意の一つとして受け止める」とした上で、「受信料は、公共放送の事業を維持運営するための負担金であり、放送の対価ではない」と受信料制度に対する理解を求めた。上田会長が同党について見解を述べたのは初めて。

同党が、受信料を払った人だけが番組を視聴できるスクランブル放送の実現を主張していることについては「NHKに求められる公共の役割とは相いれない」と否定的な考えを示した。災害報道などを例に挙げ「受信料を財源とすることで、特定の利益や視聴率に左右されず、社会生活の基本となる確かな情報を提供できる」とも強調した。