【NHK】受信料と公共放送について理解してみた


【NHK】受信料と公共放送についてご理解いただくために2019.8.9

 
NHKは公共放送である。
NHKはその必要性についてこの様に説明している。

公共放送であるNHKの使命や役割は、視聴者のみなさまからいただいた受信料をもとに、放送の自主自律を貫き、視聴者の判断のよりどころとなる正確な報道や豊かで多彩なコンテンツを全国で受信できるよう放送することで、「健全な民主主義の発達」や「公共の福祉」に寄与することです。
 緊急災害時には大幅に編成を変更し、正確な情報を迅速に提供するほか、大河ドラマや紅白歌合戦のような関心の高い番組だけでなく、教育番組や福祉番組、古典芸能番組など、市場性や視聴率だけでは計ることの出来ない番組も数多く放送しています。
これは広告料を主な財源とする民間放送や、税金で成り立つ国営放送ではなく、視聴者のみなさまに負担していただく受信料で成り立つ公共放送だからこそ実現できるものと考えています。
(NHKホームページより)

なるほど。
これが正しいなら

広告料を主な財源とする民放テレビ局はスポンサー企業等の干渉や制約などを受けるため「健全な民主主義の発達」に寄与せず緊急災害時にも対応できず、正確な情報を迅速に提供出来ない放送局

ということになる。
また「NHKだからできる放送とは何か」という質問にはこの様に回答している。

公共放送であるNHKは、税金でもなく広告収入でもなく、受信料を財源としているため、特定の利益や視聴率に左右されず、まさに自主的、自律的にニュース・番組を制作し、編成することができます。
長年培ってきた不偏不党のジャーナリズム精神や、高い番組制作力を生かして、視聴者のみなさまから信頼され支持される放送・サービスを提供することができます。
(NHKホームページより)

なるほど
これが正しいなら他の民放は

広告料を主な財源とする民放テレビ局は、特定の利益や視聴率の影響を受けたニュース・番組を制作し特定の党派や主義に偏った立場の放送・サービスを提供している

ということになる。
これは明らかに民放テレビ局が放送法第4条の

一 公安及び善良な風俗を害しないこと
二 政治的に公平であること
三 報道は事実をまげないですること
四 意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること

を守ってない、守れる仕組みではないとNHKが言っていることになる。

しかし全国の民間放送事業者が加盟している社団法人「民放連」はこの様に説明している。

NHKとともに「放送の二元体制」を確立し、自主自律の精神によって番組を編集・放送し、国民・視聴者の知る権利に応え、健全な民主主義の発展に寄与してまいりました。
緊急災害時はもとより、地域の人々の日頃の安心・安全を支えるための情報インフラとしての役割を果たしています。
(日本民間放送連盟ホームページより)


一緒じゃん。


NHKと一緒じゃん。
じゃあNHK必要ないじゃん。

つまり公共放送としてのNHKの唯一の存在意義は

市場性や視聴率だけでは計ることの出来ない番組の放送

この1点しかないということだ。
それだけなら国営でもいいはずである。

この様に受信料と公共放送について理解しようとすればするほど、「NHKはその役割を終えた」という結論にしかならない。
その結果が先日のスクランブル放送についての世論調査の結果だと思う。

スクランブル放送 世論

違うというなら問題の本質を誤魔化さず国民が納得する様な理由や根拠の説明をすればいい。
 
それが受信料制度の意義や公共放送の役割を丁寧に説明するということではないですか?NHKさん。

コメント欄でご意見を聞かせていただけると嬉しいです。