自民党・西田昌司議員もNHKの犬だった




「N国党や松井市長の主張は犯罪を助長する可能性があるのでは?」週刊西田一問一答


質問:N国党や松井市長の主張は犯罪を助長する可能性があるのでは?

自民党・西田昌司参議院議員の回答

・N国の「NHKスクランブル放送実現」公約はひとつの主張としてはいい
・問題はNHK受信料不払い
・NHK受信料支払いは法律で決まっている
・公然と受信料不払いという違法行為や集金人撃退方法を拡散するのは国会議員として問題
・こういったことがまかり通るなら立法府として意味は無い

なぜこれまでNHKのこの異常な状態が放置されてきたかよくわかる動画ですよね。
 
NHK受信料支払いは法律で決まっている

法律のどこに書いてあるのでしょう。
放送法ではNHKとの契約は規定されているが支払いについては義務付けてはいない。
いまや多くの国民が知っている事実ですよ。
自民党の西田昌司議員ともあろう方がそんなこと知らないはずがない。
選挙で勝てばもう民意は関係ないって話ですか?

そもそもNHKも西田氏も法律という権力を振りかざして国民の理解を求めようとすることが間違ってるんですよ。
NHKのスクランブルに対して違う考え、視点、価値観を持っているならそれを提示して議論しろって国民は言ってるんです。

スクランブルは理解するがN国のやり方は気に入らん!

NHKに対してはコメントしないがN国はおかしい!

そんな話ばっかりじゃん。
東国原も和田政宗もマツコデラックスも西田も問題の本質から逃げてるんですよ。
それはNHKを守りたいからだと思われても仕方ないと思うよ。

まあいいや。

公にNHKの受信料について議論できるようになった事がどれほど凄いことか、これから嫌というほど知ることになるでしょう。
西田議員はN国の文句を言ってる暇があったらN国みたいなやり方でもしないと何も変わらない日本社会のおかしさについてを考えるべきです。

コメント欄でご意見を聞かせていただけると嬉しいです。