小林よしのりまで参戦

たくさんの著名人が意見し始めた「5時に夢中!のN国批判騒動」









前記事でも触れましたが、相変わらず事の発端である発言の「政治的公平性」については誰も触れませんね。



ちなみにネット上では「政治的公平性」について激しく議論されてます。
でもメディア上ではそのような問題は無いかのよう。
ここまでくると意図的に触れていないと思われても仕方がないでしょう。
 
さて、私の元にこんなリプが来ました

放送法を遵守するのは放送事業者であるTOKYOMXであってマツコ氏ではありません

他の方のツイートにも下記のようなリプがあったのを確認しております(上記の方とは別アカウント)

放送法は放送事業者に対しての法律。だから一タレントで放送事業者じゃないマツコ氏は放送法では裁かれない。

マツコ擁護派の中ではこの論調が流行っているのでしょうか?

放送法第4条は

放送法第4条
(国内放送等の放送番組の編集等)
第四条  放送事業者は、国内放送及び内外放送(以下「国内放送等」という。)の放送番組の編集に当たつては、次の各号の定めるところによらなければならない。
一  公安及び善良な風俗を害しないこと。
二  政治的に公平であること。
三  報道は事実をまげないですること。
四  意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること。

であって、放送事業者が国内外で放送する番組の編集について定めた条文です。
番組の編集とはその番組を作り上げることですので放送局、スタッフ、出演者、番組にかかわる人全てを規制するものです。
ですので番組関係者が関係ないとは言えません。

でもこうして私たちの様な一般国民が放送法について考えることは良い事だと思います。
こんな機会なかなかないですからね。

じゃあなぜ放送法4条のような法律があるのか

とか

アメリカでは放送に「政治的公平性」などを義務付けた法律が存在しないのはなぜ?

とか

国連の特別報告者により「日本のメディアの独立性に懸念が残る」として放送法4条の廃止を求める報告書が国連人権理事会に提出されてる事実

とか

それなのに日本のメディアはこの放送法4条の撤廃に大反対するのはなぜ?

など、いろいろ放送法や放送業界について勉強してみるのも面白いかもしれませんよ。
その結果、放送業界の闇が見えてきて貴方もきっとこう叫ばざるを得ないでしょう。

NHKをぶっ壊す!

コメント欄でご意見を聞かせていただけると嬉しいです。