N国、全小選挙区に擁立意向 「政権交代目指す」

来たか!

 
初めてこのニュースを見たのはヤフーニュースだったのだが、コメント欄には

この党に政権交代など求めていない

政権交代は公約違反

NHKのスクランブル化を実行してから政権交代へ

この党が政権を取るのは危険

NHKのスクランブル化だけお願いします

当初の目的のNHKに集中して下さい。

などの批判的な声が上がっていた。

私の意見は全く違う。

「N国は本気だな」

である。
先日の「政府がNHKと受信契約を締結した者は受信料を支払う義務があるとする答弁書を決定した」というニュースを見れば、自民党にはスクランブル放送も、NHK改革もする気が無い事は明確だ。



なら政権交代を目指すしかない。
公約を実現しようと思えば当然のことだ。

勘違いされると困るのでもう一度書くが、公約を実現しようと思えば「政権交代を目指すしかない
これは
「政権交代をするとは意味が違う。
常識的に考えればいきなりN国が政権を取れるほど甘いものではない。

だからこそ「政権交代を目指し」、勢力を拡大し政局を左右するほどの力を付け、キャスティングボートを握る。
このために「政権交代を目指し全選挙区に公認候補者を立てるのだ。

「NHKのスクランブル化だけしてほしい」というが、そのためにやっている以外何があるのかと言うのか。

「政権交代など求めていない」というが、目指して取れるなら日本に共産党政権が誕生している。

政権交代と言う言葉だけで反射的に反応する。
0か100でしか考えられないのは日本人の悪い癖だ。

NHKは相当焦ってると思う。
焦ってるということは何らかの対抗処置を大きな力でやってくるだろう。
そのために必要なのは力だ。
つまり数である。
立花党首が言うように「政治は数」なのだ。

「次期衆院選で政権交代目指す」

これはNHKから国民を守る党の

本気でNHKをぶっ壊す

という宣言だろう。

コメント欄でご意見を聞かせていただけると嬉しいです。