「N国・立花党首定例の記者会見(2019.9.27)」まとめ

時間のない人向けに動画の内容をまとめる「忙しいN国支持者のための動画まとめ」です。

9月27日金曜日に行われた立花党首による定例会見の内容をまとめておきます。

党首会見をしました。書類送検、民放、森友問題、いじめ…すべて話しました

今回は1時間40分を超える非常に長い会見になりました。
森友問題からいじめに対する見解まで幅広い内容となっております。
 
立花党首からの報告(動画の00:22~)

●山形県天童市議会議員選挙での五十嵐浩之氏の当選について
・N国31人目の議員になった
・東北では初めてのN国議員

●マスザワ内閣のN国党離党について
・衆議院選九州ブロックで立候補予定だったが精神的に眠れない日々が続くなどの申し出があったので円満に離党を承認した

●3度目の事情聴取について
・火曜日に月島警察へ出向いて4時間の事情聴取を受けた
・これから書類送検される予定

関連記事


以上が立花党首からの報告でした
次に質疑応答です

Q・
憲法9条2項の旧三要件と新三要件についての見解は(2:34~)

武力の行使の「三要件」とは日本が自衛権を発動する際に満たすべき要件のこと

旧三要件
我が国に対する急迫不正の侵害がある
これを排除するために他の適当な手段がないこと
必要最小限度の実力行使にとどまるべきこと

新三要件
我が国に対する武力攻撃が発生したこと、又は我が国と密接な関係にある他国に対する武力攻撃が発生し、これにより我が国の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険があること
これを排除し、我が国の存立を全うし、国民を守るために他に適当な手段がないこと
必要最小限度の実力行使にとどまるべきこと

※新三要件は安倍内閣により2014年7月1日に閣議決定された

A・
新三要件が個人的にダメとは思わないが、こういうものは解釈で考えるものではない
時代によって憲法の解釈を変えるのはいけないと思うから新三要件は無効だと思う
憲法9条2項は子供が見たら意味がわからないと思う
自衛隊がある以上改憲するか、逆に憲法違反だから自衛隊を廃止するのか国民投票で決めそろそろ答えを出すべき

Q・
youtubeのコメント欄を閉じた理由は(6:23~)

A・
さっき開けました
私自身がyoutubeのコメント欄は見ていない
DAIGOさんがコメント欄を閉じているので真似をしたが「コメント欄を開けてほしい」との声が多いので開けた

Q・
テレビ局内のテレビは受信料が免除されていると聞いたが、どういう理由で免除されているのか(7:33~)

A・
受信料を免除される理由はふたつ
ひとつはNHKの受信を目的としない場合は契約の必要が無い
民放テレビ局のテレビはNHKの放送を受信する目的でないというよくわからない判断で契約の必要が無いとされている
ただテレビ局内であっても例えば食堂にあるテレビは契約が必要
家電量販店で販売されているテレビも同じ理由で契約の必要が無い

関連記事


これにはNHKも含まれるがNHKの関連会社は受信契約をしている

もうひとつは契約は必要だが受信料が免除されるケース
小中学校や生活保護受給者などがこれにあたる
こう言ったことを判断しているのは総務省なので疑問があれば総務省に効くべき


Q・
今はテレビ局に限らずyoutubeもメディアになっている。NHKを含めたニュースを配信するyoutubeをやった場合、民放と同じように契約をの必要が無いと言えると思うか(11:47~)

A・
面白い質問だと思う
youtubeは放送法内には無いがその理屈でNHKに問い合わせて契約の義務があるというのなら裁判されると良いと思う
やるんだったら応援します

Q・
二瓶議員について。10/1に中央区議会が行われるが行きますか?(13:17~)

A・
予定があるから行けない
(次の本会議は17日だが?に対して)できるだけ調整をとって行くつもり

二瓶議員についての見解はこちらの記事の後半参照



Q・
直接民主主義のシステム構築の進捗について(19:22~)

A・
年内には稼働できると思う


ここで立花党首からの連絡事項の補足として森友問題に対してコメントがありました(22:38)

・森友問題で籠池氏の顧問弁護士をしていた酒井康生氏の懲戒請求を2018.3に弁護士会に対し起こしていたが、昨日「懲戒請求に当たらず」という結果がきた
・籠池氏は大阪府に対し学校建設許可を取り下げたがそれは酒井康生氏のアドバイスだったと言っていた
・学校建設許可を取り下げ後、一方的に酒井氏は顧問弁護士を辞めた
・しかし弁護士会が行った酒井氏とのヒアリングでは「籠池氏とは十分に話し合いをして籠池氏納得の元で許可取り下げを行った」「顧問弁護士を辞める件について書面は無く口頭で同意してもらっている」と言っている
・顧問弁護士を辞める際に書面が無いのは不可解だし、籠池氏から聞いている話の内容とは乖離がある
・そのため籠池氏ご夫婦とは今連絡を取ろうとしているし、長男とは連絡を取っている
・森友問題は酒井氏が出てきて話さないと解決はしない
・みなさんもし籠池氏に会うことがあれば「立花が探している」と伝えてください

以上が森友問題に関する発言要約です
ここから再び質疑応答へ戻りました

Q・
かんぽ不適切販売の報道をめぐりNHK経営委は上田会長を厳重注意した件についてどう思うか(27:00~)

A・
かんぽ不適切販売の報道は勉強不足だが少なくともNHK経営委が会長に厳重注意を行うのは僕の記憶の中では初めてのことだと思う
NHK経営委が違法行為の無い番組内容に介入し番組の放送を止めるのは大問題だと思う
この件に関しては勉強不足なので事実確認し深掘りして後日回答させてください

Q・
NHKも問題だが民放についてはどう思うか。例えばテレビ朝チーフプロデューサーのセクハラ問題など(34:58~)

A・
前からセクハラの噂があったと言うが噂だけでは処分できない、逆に噂だけで人事異動などをしなかったのは妥当な判断だと思う
それが噂だけでなく真実だったのなら適正な処分を下すべき、ただ民間企業の案件なので僕が口を挟むようなことではない

Q・
直接民主主義システムでの個人情報の取り扱いについての方針やセキュリティに関する考えを聞きたい?(39:13~)

A・
僕は専門家ではないので業者に個人情報の取り扱いについての方針等は作ってもらってyoutubeで通知をしようと思っている
(ネット上では個人情報をN国に渡したくないとの声もあるが?)
個人情報はシステムと作る業者側にしか行かないと思うが、疑う人はどうやっても疑う。逆に個人情報が漏洩して何が問題なのか
昔は住所や電話番号など当たり前に公開されていた
個人情報を渡すのが嫌な人は最初から登録しなければいい

Q・
最近ひとり放送局の株券を買占めようとしている人がいるが(43:57~)

A・
それも承知をしている
ひとり放送局の株券は会社の承認が無ければ譲渡が出来ない
増資されてない等については弁護士から「法に触れることは無い」との確定をいただいた
週刊文春の「詐欺行為の疑い」記事ついては予定通り裁判する

Q・
youtuberのみずにゃんやえらてんについて(46:40~)

A・
えらてん氏は以前は僕のファンだったようで本を送ってきたりしたが反応しなかったらアンチになったようだ
悪口を言うのは結構だが、その前に一度連絡をしてもらった方が良い
みずにゃん氏が「マツコ1万人訴訟」を止めたと事実でないことを言っていたので電話したが出てくれない
事実でない事を発信するのは度を超すと威力業務妨害などでの提訴もせざる得ないので、連絡せず一方的にやるのは危険
相手の名誉を棄損するような内容を発信する場合、事前に僕に取材をするならいいが、それをしないなら民事刑事含めて容赦しない対応をする
ただ言論を統制するつもりは一切ないので止めろとは思わないが相手に取材せずやるのは逆に心配

Q・
NHKスクランブル化実現のために連立与党入りも視野という考えは今も変わりないのか(50:35~)

A・
今もかわりません。民主主義国家なので最終的には多数決になるため与党の仲間に入れていだたければ公約達成が出来る
まずは与党と連携し、ダメなら野党と連携するという考え
今のところ自民と具体的な話は進めていないしアクションも起こしていない。
今の党の規模では相手にしてもらえないので次の衆議院、参議院選挙で戦える戦力を作っているところ
そのためのホリエモンや青汁王子やDAIGOさんに出馬要請をしている
野党側からも玉木代表はじめ関心を持っている人がいるので、自民党と一緒になるというよりはかつての希望の党のような中道保守で二大政党制になりうる政党を目指している

Q・
19日に千葉地裁松戸支部であった訴訟の判決で賠償命令が出されたが控訴するのか(54:48~)
関連記事


A・
今日まさに3時からその件で弁護士と打ち合わせするがおそらく控訴することになる
言い訳になるが参議院選挙や他の裁判と重なっていたためその裁判に顔が出せず、かつ原告である久保田市議の懈怠により弁護士に依頼していないうえに反訴されても答弁書も作っていないなど、反論しなかったことが敗訴の理由
これに対しては弁護士と相談し控訴する方向で調整中
二審で反論できることがあるのであれば反論したい

Q・
反論するというのは「久保田氏が立川市にほぼ居住実態がない」とするちだい氏の記事についてか、または今回の訴訟が「裁判制度の趣旨に照らして著しく相当性を欠く」の判決についてか(58:25~)

A・
居住実態については反論するつもりはない
「訴訟が裁判制度の趣旨に照らして著しく相当性を欠く」という点については反論したい

Q・
NHK会長の定例会見について。記者クラブしか入れず放送どころか写真も禁止されているような開かれていない会見をどう思うか(59:26~)

A・
開かれた会見にすべきだと思う。最初に記者クラブで会見して、その後フリーランスを入れて会見すればいい
それを開くと言っていたのが民主党政権だった
みなさまのNHKと言いながらフリーランスには来るななんておかしい
まあ悪い事している人はそういうもの、自分の都合のいい質問しか受け付けないのだから
これまではそのやり方でいけていたのだろうが、もうyoutubeがあるからそういうわけにはいかない
NHKも毎回とは言わないがフレーランスを入れた会見をやるべきでしょう

Q・
立花さんはかつて葛飾区の議員をやられていたが葛飾区のいじめ暴行動画は見たか。いじめ問題についてどう思うか(1:03:47~)

A・
僕自身、小学生のころいじめをしていた。中学になって自殺を考えるほど逆にいじめられた。辛い日々でした
自分がいじめていたから苛められるのは仕方がないと我慢していた部分はあったが、いじめに関してはそれなりの思いがある
youtubeでも言っているが、いじめられた場合は殺しにいく覚悟で反撃するしかない
いじめは無くならないと思っている
いじめられている人を助けることは出来るが、いじめは無くならない
いじめられている子にはいじめ返せと助言するか積極的に学校を休めと助言するしかない

Q・
ホリエモンが動画で「立花さんのところにぶっこわす族が集まる」と言っていたが、社会や既得権益をぶっ壊したい人の受け皿になると考えているか(1:09:47~)

A・
「ぶっ壊す」というキーワードは公のものに対しては使っていいと聞いている
だから民間企業を名指しして「ぶっ壊す」はダメ。総務省に確認した
JASRACがそれに該当するかわからないが、JASRACをぶっ壊してという声は相当来ている
PTAとか警察、国税など公のもので腐敗しているものや既得権益に対する不満の受け皿に党がなっていくつもりなので、○○をぶっ壊す党にいずれは変えるかもしれない

Q・
もし立花党首が総理になったら自然の使用権や富裕層に買い取られる不動産などをどのように考えるか(1:12:32~)

A・
もし総理大臣になったらというがなりません
地下水を無制限に汲み上げることや外国人の土地取得についてだと思うが、党としては全て直接民主主義で決めるので国民に問題提起をして投票で決める
個人としてはそこに深い思いは無い

Q・
ベーシックインカムについてどう考えるか(1:14:23~)

A・
ベーシックインカムについては北欧の様な資源が豊かで国民があまり働かなくてもいい国については馴染むが、日本は加工貿易で成り立っている国民が働かないといけない国なので馴染むのか疑問
年金、生活保護制度などを根底から変える大改革になるので相当のパワーが必要だろう
ただ会派を組んでいるみんなの党の渡辺議員はベーシックインカム賛成派ですし、ホリエモンもやりたいという考えの方
だから個人的には出来るかどうか疑問だが出来たら素晴らしいと思う
生活保護制度がしっかりしている国なのでベーシックインカムを望む国民はまだ少ないかなと思う

Q・
ご自身の生死感について(1:17:04~)

A・
輪廻転生については信じている。
いつかは死ぬので後悔のない人生を送りたい、そのためには人に迷惑をかけない限りはやりたいことをやる

Q・
消費増税反対を揚げていたがMMT理論について見解があれば教えてください(1:18:15~)

「MMT(現代貨幣理論)」とは、自国通貨建てで政府債務を拡大させれば、物理的な生産力の上限まで経済を拡大させることができるという考え方

A・
MMT理論については詳しくないが、僕は消費増税するなと言っているのではなく税収を増やすために消費税率は下げるべきだと言っている
消費税を下げれば税収は間違いなく増える、もし増えないのであれば軽減税率を導入し贅沢品には高税率をかければいい
消費税は10%で一部は8%などやっているがあんなものどっちでもいい。国民を舐めすぎ
メリハリをつけた税制度にしなければいけない

Q・
選挙に行かない若い層の票を集めようとするなかでエストニアのようなネット投票についてどう思うか(1:21:24~)

A・
僕はネットによる電子投票には反対。投票所に足を運び鉛筆で投票用紙に名前を書くというのは大事
投票したい人の名前を書く時、数秒でもそのことを考える
そういう意味で投票をあまり簡単にすべきでないと思うが、ただ直接民主主義でそっちが良いとばればそれは従う

Q・
参議院埼玉県選出議員補欠選挙にホリエモンを出馬させる予定はないのか(1:23:33~)

A・
堀江氏ては政治家になるべきではない人。2~3か月はやった方が良いが、国会議員になって丁稚奉公のようなことをするのは彼には必要が無い
彼が国会議員を使っていく立場になってほしい
国会議員は法律を作るのが仕事で、政治をするのは大臣。
だから国会議員は堀江氏というより弁護士など法律を作れる人がやるべき

Q・
立花さんを出演させないTBSについて思うことは(1:26:13~)

A・
TBSだけでなく全局出してもらえないと思っている
だがそれはテレビ局の自由なので、それに対して腹が立っているとかはない
発信力のあるyoutubeがあるのでテレビに出たいと思ってない
TBSが悪いのではなく電通が止めに来ていると聞いている
テレビとyoutube、両方を国民が観てリテラシーを高めていただければいいと思う
TBSが悪いとは思わないが、せっかくなのでサンジャポファミリーにはなりたいと思っている(笑)

Q・
埼玉知事選に出た浜田聡氏は参議院埼玉県補欠選挙に出ないのか(1:28:26~)

A・
浜田氏を擁立することは決まっているが今回の補選に自民が出ないので、前職と一騎討ちになるかもしれない
こうなってくると当選の可能性がゼロではないので、勝てるそれなりの人材を探している
堀江氏は絶対無理だがそれくらいネット上で知名度があり戦える若い人を探している
対立候補が70代なので30代前半で女性の方ならいい勝負が出来ると思う
若い候補者を立て、堀江氏などの有名人が応援に入れば新しい選挙が展開できると思う

Q・
ちだい氏との裁判でどのような点を反論するのか(1:36:09~)

A・
今回命じられた78万円の賠償は弁護士費用だけだと思う
通常名誉棄損の場合は被告の弁護士費用は出さないのが通例なのでそういうところを争いたい

Q・
ちだい氏との裁判が「裁判制度の趣旨や目的から著しく外れ不法行為に当たる」とされたことについては(1:37:07~)

A・
そこに関してはこちら側の多忙に伴う裁判の対応の不備が原因であるのでそこに対しても反論していく

Q・
この裁判を自ら「スラップ訴訟」と公言していたことについては(1:38:48~)

A・
今、手元に資料が無いが「スラップ訴訟」といった理由も他の裁判で明確に反論しているので、来週その書類を持ってきます

以上、会見の発言要約でした。
立花党首も最後に思わず「長かったなぁ」と漏らしてしまうほどの長い会見でしたね。
おかげで記事を書くのも相当時間がかかりました。
一般人やyoutuberも参加できるのは立花党首らしくていいと思うのですが、それを悪用して自らの宣伝や営業を目的とした質問は止めてほしいなと思います。

コメント欄でご意見を聞かせていただけると嬉しいです。