N国・立花党首記者会見まとめ3

時間のない人向けに動画の内容をまとめる「忙しいN国支持者のための動画まとめ」です。

今回の記事はは10月10日に浦和駅での埼玉参院補欠選挙の第一声の前に行われた立花党首による記者会見の内容になります。

N国党首 立花孝志氏 埼玉参院補欠選挙 記者会見【2019.10.10】


この記事を書いている時点(13日)で、国政選挙にもかかわらず埼玉補選の報道は浅いものが多く、マスコミの報道だけでは両陣営の政策などほとんど情報が入ってきません。
そこで立花党首の政策や考えを知るための材料としてこの記事を活用して頂けたらと思います。
今回の会見は全て質疑応答になります。
それではさっそく会見発言要約をご覧ください。
 
------------------------------
Q・
17日間の選挙戦で埼玉県民に何を訴えていくか(動画の00:14~)

A・
今回の選挙は明らかに「既得権VS反既得権」、もっとわかりやすく言えば「正義VS悪」
税金を使って私利私欲のために生きている人達と税金を大切を国民、県民の為に使っていく人達との対決になる
ですのでテーマとしては「既得権VS反既得権」、「正義VS悪」。これを17日間で県民の皆様に訴えていきたいと思っている

Q・
※質問が聞き取れませんでした(01:19~)

A・
今回は多くの著名人の方が応援に来てくれることが決まっているので選挙カー1台に応援弁士が来て積極的に選挙運動をする
正式には選挙運動に入らない政治活動になるが、少なくとも5チームほどのN国の政治活動部隊が埼玉県の主要な駅で党のPRを展開する

Q・
既得権益とは具体的になにか(02:48~)

A・
既得権益をわかりやすく言うと「嘘をついてお金を貰っている人」です
出来もしない公約を掲げたり、やる気が無いことを言って選挙で当選をし沢山の報酬をもらう人
具体的にいえば今、脅迫の容疑で警察の捜査を受けているが中央区議会議員の二瓶文徳氏
彼はNHKから被害者を守るつもりが無いのにN国の公認を受けて立候補して、現在N国の議員として活動をしていない
これは小さい既得権益だがこういう人を既得権益と言う
今回の補選の対立候補である上田氏は4年前に多選禁止という条例を自ら作ったのに平気で破っている
多選禁止条例は長期間権力を持たないという趣旨なのに、上田氏は国会議員のあと知事を16年やりまた国会議員になろうとしている
しかも現職の大野埼玉県知事が知事選に立候補表明したのが6月中だったと思う
当時、参議院議員だった大野氏が知事選に立候補するのであれば、7月3日までに辞職をすれば今回の補選は無かった
しかしどう考えても正当ではない理由で、8月1日に辞職した
8月1日まで参議院議員をやれば250万円ほどの報酬がもらえる
これは明らかに税金を私物化している
しかも今回の補欠選挙に22億円もの補正予算が計上されている。
選挙の費用のほとんどがポスター掲示板なので、7/3までに辞めていれば22億円は必要なかった
このような税金の無駄遣いをする人を既得権益と私は呼んでいて、その一番大きいものがNHKで、いま取材に来ているマスコミも既得権益だ
嘘をつくだけではなく、まさに不正義というか、自分たちの為だけに利益を得ている人たちが既得権益
今回の補選の対立候補に関しても、税金のことを考えず私利私欲のことを考えている既得権益=悪と思っている

Q・
NHK」をスクランブル化すべき理由は(06:26~)

A・
NHKのスクランブル化については、やはりこの国は共産主義ではないので、国民の自由、契約をしない権利、契約したくない人の自由、NHKを嫌いという思想良心の自由が優先されるべき
しかし最高裁では放送法64条第1項は憲法違反ではないという判決がすでに出ているので、法改正をせざる得ない
半数以上の国民が世論調査でスクランブルするべきだと答えている
民主主義国家において過半数の国民の意見を無視することは問題
NHKのスクランブル放送を実施して国民とNHKの争いを止めるということは政治家としてやらなければいけない事だと思う

Q・
今回の選挙で著名人が応援弁士として来ると言ったが、誰が来るのか(07:47~)

A・
今日(10日)は渡辺喜美参議院議員、N国の人間でいえば上杉隆幹事長、丸山穂高副党首が来る
今後、政治家ではないところでは青汁王子こと三崎優太氏、おそらく堀江貴文氏もお越し頂けると思う
ちなみにポスターの掲示責任者として堀江貴文氏の名前を使わせてもらっている
このことからしても堀江氏が応援に来てただけない可能性は極めて乏しいと思っている
あとはプロレスラーの元岩手県議会議員のグレート・サスケ氏やさくらパパこと元参議院議員の横峯良郎氏など結構な方が来てくれると思う
またマイクを持ちたい人はお断りしないので、マイクを持って喋りたい方は公序良俗に反しない限り積極的に喋って頂こうと思っている

Q・
堀江貴文氏は今回の補選に対して何か言っていたか(09:56~)

A・
とにかく面白いと
最初に堀江氏に相談したのが土曜日。土曜日の朝、上杉幹事長に連絡してから堀江氏の意見を聞こうということですぐに堀江氏の秘書に電話をした
翌日に秘書の方から「横でめっちゃ喜んでますよ。めっちゃスゲーと言ってますよ」と連絡をくれた
その後、上杉幹事長から選挙ポスターの掲示責任者として名前を使わせてもらってもいいですかと問い合わせたところ快諾を頂いた
堀江氏に対しては皆さんに発表する前から立候補することを報告、相談させていただいていて、とにかく面白いと言ってくれている
ただ堀江氏の立場もあるので、こちらの方から堀江氏が立候補するなど等のことはこちらからはなかなか言えない
100%乗り気というか応援していただいてる感じ

Q・
今回の選挙に勝つために立花さんに必要なものはなんだと思うか(11:28~)

A・
僕に必要なモノって言うのは…僕は変わることが出来ないので、必要なことと言うのは…(少し考えて)
ただ明らかに言えるのはここにいるマスコミの皆さんは間違いなく既得権益者の方々
今回の選挙はテレビや新聞VSインターネットと思っているので、僕がなんか記者の方が記事に書かざる得ないような事件を起した方がいいのかなとちょっと思った。やりませんけどね
当選するために言われてるのは、政見放送もまだ撮っていないんですけど「良い人」のイメージでいこうと思っています
(騙すということですか?の質問に対し)
いや、騙すというか、自分で「良い人です」というのは、これはマイナス効果になる
例えば堀江さんが頭がいいと言ってくれているし、ダルビッシュ有さんが昔から戦っていることを知ってくれている、ASKAさんが正義感の塊と言ってくれている
それ以外にもいろんな著名人が客観的に僕のことを良い人であるとか、頭が良い人という評価をしてくれているので、その様な人を紹介していく
これまで僕は脅迫容疑が前面に出て、一般のテレビしか見ない人は怖い人だと思っている
警察官だって目の前に犯罪者がいたら怖くなるのと一緒で、僕には怖い一面もあるが日頃は優しいと思っている
そういう優しさや良さを第三者的な方に証明していただく戦略を2日前くらいに思いついたのでそれでいこうと思っている
今回も議員バッジを外して選挙に出ているし、Youtubeの収入も無くなったので収入ゼロになった
それでも選挙に出なきゃいけないと思ったので、本当の立花孝志を知ってもらって「こういう人ほど国会に戻るべきだ」と思ってもらえればいいと思う
そういう意味ではこれまで通りのことをやればいいのかなと思っている

Q・
埼玉の選挙は投票率が低いというのがあるが、N国の尾崎氏が「立ち上がれ埼玉の愚民ども(笑)」とツイートしているが立花さんもそう思うか(15:05~)

A・
尾崎がどういう趣旨で書いたのかわからないが、僕は逆に埼玉県民は賢民だと思う
だってこれまで既得権益の人しか立候補していなかったわけでしょ。だから75%の人が選挙に行かなかった
だから愚民というより賢民ですよね、誰に投票しても同じ既得権益者なわけだから
今回の件で明らかでしょ。自民党出ないの?共産党出ないの?
立憲民主の公認候補なのか国民民主の公認なのかよくわからないが上田候補は民主党だったわけでしょ?
知事選では大野さんを応援したわけでしょ?明らかに野党じゃないですか。
なのに与党側は誰も出ない、維新の会も出ない
9党ある政党の8つが一人の人を応援しているわけです
ここで気付くんじゃないですか、75%の賢い埼玉県民の人達が。
もちろん選挙に行った25%の人の中にも選挙に行かなきゃいけないからと行った人もいる
僕はむしろ25%しか選挙に行かないというのは上田県政が素晴らしいから行かなかったのか、呆れ果てて行かなかったのかのどちらかだと思う
それが今回の選挙でわかるんじゃないですかね


Q・
これまで25%だった投票率が立花さんが立候補することでどれくらいになると思いますか(17:12~)

A・
ぶっちゃけ45%までいけば絶対勝てると思っている
ただ一昨日会見をしてテレビの報道を見ている限りでは、投票率20%台かな、今の段階ではね
どういう応援弁士が入ってくれるのかによると思う
明日、麻雀大会に行って麻雀をする
やっぱりONとOFFがないと仕事は出来ない
政治家はずーっと仕事をしているふりや頑張っている姿勢を見せなきゃいけない、だから政治をやりたくないという優秀な経営者が日本にはいっぱいいる
選挙に出ている人が選挙中に徹夜麻雀をするこういうことをオープンにすることによって、堀江氏の様な実業家の方に政治に来てもこういうことが出来るというメッセージを送っている
一種の賭けになるが、それを著名人が見て「あいつ面白い」と応援に来てくれれば、30%、35%、40%となるかも
僕が当選ラインと見ているのは45%なので、それを超えれば勝てると思っている

Q・
参議院議員を辞めて参院選に出る理由をあらためてお願いします(19:23~)

A・
そもそも日本の国会は議院内閣制なので政党で政治を行うべきというところから比例代表が生まれた
一方でまだ選挙区制度は残っている
比例代表は党に与えた議席だから、辞めても別の党員が繰り上げ当選する
だから比例では私が参議院議員を辞めても党の議席は減らない
議席数が無ければ国会で質問も出来ない
当然、党の議席を増やすためには、目の前に選挙があれば出た方が絶対に有利
もしこの選挙に勝てば党としては2議席になるので、豊田真由子さんに相当アプローチはしたがダメということになった
じゃあ一番票が取れるのは誰かとなると、私ということになったので、参議院議員を辞めて選挙に挑戦するということです

Q・
今回の選挙で消費税については何か訴えるのか(21:18~)

A・
今回ポスターに消費税5%とデカデカと入れています
消費増税後、初の国政選挙となるが、私は自民党の政策に関しては消費増税以外はほぼ同意
政策の消費増税のみ反対で、消費税は5%に戻すべき
5%にした時に社会保障はどうなるんだとなるが、5%に落とせば景気が良くなるので税収は増える
これについては国民民主の玉木代表にも「そうだよね、税収上がるよね」という話はさせていただいている
「税率下げて税収アップ。気軽に買い物、安心老後」
消費税に関しては5%に戻すべきだとして、選挙戦の一番のテーマとして戦っていく
消費税5%が「既得権益VS反既得権益」というキャッチコピーに繋がり、NHKをぶっ壊すというのはその下になると考えている
ちなみに僕は与党に入りたいと思っている
政権側に入ってNHKのスクランブルを提案してもらわないと実現できない
そのためには議席を増やさないと自民党とすれば組むメリットが無い
N国が議席を増やして、玉木さんのところも議席を持っているので、そこが塊で与党側に入る
あるいは中道保守で自民党に対抗しうる形の政治をしていきたい

Q・
今回、選挙カーで埼玉に主要駅を回るとのことだが、どういった場所を回るのか(23:46~)

A・
台風の影響で14日間の選挙戦になるが、主要な駅を回る
ありがたい事に私が行くと数百人、場合によれば何千人という単位の聴衆が来ていただけるので、握手と写真撮影を中心に乗降客が10万人を超える大きな駅が中心となる
だから埼玉県北部は回ることが出来ない
「今日は何時から何時までこの駅でゲストは○○です」と呼びかけて、演説後握手と写真撮影に応じ、その間に応援弁士に喋ってもらう
駅前をひとつのコンサート会場のような感じにしていきたい
人口密度の低いエリアは午前中などで回れる場合は辻立ちで回りたい

Q・
休日は何をしているか、また趣味はなにか(25:34~)

A・
最近は仕事しかしていなかったが、参議院議員になってから秘書がいる等の理由で暇になった
その関係で、前の前の日曜日はボーリング、次の火曜がゴルフ、一昨日は野球とスポーツをして汗を流せる時間が出来た
あと家に猫が2匹いるので、帰ったら猫と戯れています
(猫の種類は?何年くらい飼ってる?という質問に対し)
いや、保護猫です。ちゃちゃは3年はいるよね?しーちゃんはまだ最近、まだ小さい。マンションのベランダで生まれた野良猫の赤ちゃんを引き取った
猫といる時が一番リラックスしてるかな

関連動画:ラッコのような我が家のネコ達【ちゃちゃとしーちゃん】


Q・
改憲議論については(27:05~)

A・
N国は直接民主主義を導入予定なので、最後は国民の皆さんが決める憲法改正には反対してはいけない
しかし一方でNHKスクランブル化をすることの方が強いので、安倍総理には改憲に賛成したいのでスクランブル化を検討してくれませんかと言っている
間違わないで欲しいのは

憲法改正については賛成でも反対でもない
ただし改憲発議については賛成する

ということ
決めるのは最後は国民なので、改憲発議反対は国民の判断を止めることになる
日本国憲法は国民の多数決を採っていない、国民の審査を受けていない憲法
このままの憲法でいいのかについて、国民投票で国民の判断を頂かなければいけないと思っている
だからといって改憲賛成の政党ですかと聞かれればそうではないのでマスコミ各社は間違わずに書いてほしい
ここはN国の肝。だから参議院を取りにいっている

Q・
埼玉に思い入れとかゆかりがあるか(30:50~)

A・
埼玉県民にはN国の候補者が多大なご支援を頂いている
私が船橋で当選したのが4年前だが、二人目の当選者が埼玉県の朝霞市。結構上位でビックリした
次の選挙がとなりの新座市で落選したが次点だった。坂戸市も次点。志木市は最下位ながらも当選
ということで埼玉県民の皆様には高い評価を頂いているので感謝しかない
逆にいえばNHKの被害も多いのだろう
埼玉県とゆかりがあるのかと言われれば昔、所沢に彼女がいたくらい(笑)
それ以外は特にライオンズファンでもないので…思い出すことはないですね
ただ、今回の選挙は知事選ではなく国政選挙で、これまでの埼玉選出議員のように埼玉県に利権を引っ張ってくる考え方は一切ないので、埼玉の既得権益側の人間じゃない人は私を選んでいただければ、これまで無かったサービスが受けれる可能性は高くなると思います

Q・
消費減税について、富裕層に増税するという考えを持つ人がいるがその考えはあるか(32:33~)

A・
もちろん。5%に戻したうえで、それでも社会保障の費用が足らないとなれば、例えば高級外車は200%くらいの課税をするとか、ヴィトンのカバンは300%とか掛ければいい
紙袋もカバンだし、国産の普通のものもカバンだし、高級ブランドもカバンなので税金300%かけても欲しい人は買う
高級ブランドは「私はお金持ち」というために持っているのだから。車だってそう
今の8%の制限税率は10%とさほど変わらない
贅沢の度合いに応じて5%と20%と50%のような大胆な税率で消費税率を変えていく、いわゆる真の軽減税率をすべき
特に食料品なんかは0%にすればいい
消費税が8%と10%になったことは、今は混乱するが良い試みだとは思う
8%と10%だから皆さん怒っているわけで、金持ちからは100%取ると言えば納得する人が多くなると思う
僕はとりあえず5%に下げて、足りないようなら贅沢品にしっかりとした増税をすべきという考え
消費税については国民民主の玉木代表とは結構そういう話はしている
やっぱり自民党との違いは消費税のところ
経済政策のところはしっかり前に出していきたい

Q・
座右の銘はありますか(34:56~)

A・
座右の銘?ごめんなさい。僕のオリジナルで「金と女と選挙の票は追えば逃げる」です
選挙の票は取ろうとすると取れない、お金も稼ごうとすると稼げない
自分が楽しむこと、世の中のお役にたつことをしていれば自然と選挙の票も女性もお金も入ってくる
もうひとつは「お金は使えば使うほど減るけども知恵は使えば使うほど増える」
最近は「金と女と選挙の票とホリエモンは追えば逃げる」と言っています
堀江氏にガンガンアプローチしないのは、いずれ堀江氏には党の代表になっていただきたいというのがずっとある
僕は欲しいものや来てほしいものにガッツリいかないタイプ
座右の銘になるかはわからないが「金と女と選挙の票は追えば逃げる」はいつも言ってる

------------------------------

以上、改憲での発言要約でした

個人的には埼玉県とのゆかりを聞かれた質問が印象的でした
こういう場合大抵の人はライオンズが好きとか草加せんべいが好きとか嘘をつくんですよね
嫌われたくないから
でも無いなら無いと正直に言ってしまうところが立花さんらしいですよね
だから全ての言葉が軽くないんだと思います

あと猫の話をする立花さんが笑えるほど可愛いですね笑

埼玉参院補欠選挙の投開票日は10月27日です
埼玉の皆さんは是非選挙に足を運んでくださいね


コメント欄でご意見を聞かせていただけると嬉しいです。