N国・定例記者会見(2019.10.25)まとめ


時間のない人向けに動画の内容をまとめる「忙しいN国支持者のための動画まとめ」です。

今回は10月25日金曜日に行われたと立花孝志党首、上杉幹事長、浜田聡参議院議による定例記者会見の動画の内容まとめPart2です。

【生放送】 定例記者会見「N国党新役員人事」「次期総選挙戦略本部」#立花孝志 #浜田聡 #上杉隆


昨日の記事で上杉幹事長と立花党首の報告はUPしましたので、今回は質疑応答をまとめます

途中、質問をしたいのか議論をしたいのかよくわからない人もいましたが、今ツイッター上などで話題の内輪もめに関する党首のスタンスにはなかなか興味深い話が聞けます。
それではさっそく会見発言要約をご覧ください。
 
----------------------------------------
Q・
内輪もめは放置するとおっしゃいましたが平塚氏の昨日の動画は見ましたか?(19:53~)

A・
見てないです。放置すると言っているんでいくら質問しても答えないですよ
放置するの意味を理解してください
今、僕が介入したら止まるでしょ。だから自由にやらせているんです

Q・
与野党も含めた会議に呼ばれないとのことだがもう少し具体的に。誰にどういった申し出をしているのか(20:38~)

A・
※上杉幹事長より
幹事長会議であれば与野党の幹事長に、本人あるいは秘書の方、党の方にも言っている
また国対委員長会議は今日発表したばかりなので、同じようにこれから各党の国対の委員に話をする。政調も同じ
これはメディアもそうなんですが、番組での党首会談や幹事長会談、国対委員長会談などはN国は公党なのでフェアに呼んでいただくことをお願いしたい
また呼べない場合はその理由をきちんと付けていただくとわかりやすいかなと
ぜひメディアを通じて国民の知る権利に皆さんも協力して答えるようにして頂きたい

Q・
人事について。今日発表した以外に党での役職は準備されているのか(22:04~)

A・
※上杉幹事長より
現状ではありません

Q・
埼玉補選のポスター掲示責任者に堀江貴文氏の名前があるが堀江氏の党のかかわりは掲示責任者だけ?(22:30~)

A・
今のところはそうです

Q・
今回なぜ海老名市長選に立候補するのか。また現市政をどうご覧になっているのか(22:56~)

A・
まずなぜかというと「そこに海老名市長選挙があるから」です
別に海老名市でなくてもあれば出ます
今後も組長選については出ていきます
現市政についてはいわゆる既得権、これまでと同じような、常識人の方がされている
特に次回5期目ということなので、既得権甚だしいのかな
やり残したことがあるとおっしゃってるが、いやあなたね、16年やってまだやり残してるのか
それは無能であるということでしょ。普通は引き継ぐものであって小学校16年行ってまだやり残しているからまだ小学校に行きたいと言ってるのに等しい
そういうことを海老名市民が認めるのか、あるいはもう一人立候補者がいるのでその人にお預けするのか
僕は公務員の給料を2倍にするのはかつて無いものだと思う
鹿児島県阿久根市の竹原氏は公務員の給料をどんどん減らした。結果阿久根市は衰退した
公務員の給料が下がれば奥さんの小遣いが減る、子供のお小遣いが減る、飲みに行っても高いお酒は入れない、車も買わない。そりゃ街は衰退しますよね
それを反面教師として、本当は日本全国でやりたいが今総理大臣にはなれないが、市長になれば出来ると思っている
市の職員の給与を2倍にすればちょうどNHK職員の給与と同じになる
NHK職員並にすると言えばそんなにめちゃくちゃな事をするわけじゃないじゃないですか
だから現体制が悪いというか、まさにこれまで通りの政治家の方で多数派なのかなと思う
NHK受信料不払いの家庭に5万円払うというのも、NHKの集金人って放送法違反をしているから撮影すると逃げる、払ってない人にカメラの購入費を出せば集金人が海老名市からいなくなる
財源は、市職員の給与を2倍にすれば市に人が来る、そうすれば自動的に市の税金が入ってくる
そういうことを本当にやりたい。だから当選すれば1期4年はやるつもり
給料が増え職員がワクワクしながらする仕事で盛り上がる海老名市を想像するとこっちもワクワクする
まず海老名市なのかというと近くに選挙があったからだが、ただ人口も増えてる町なので思い切ったことが出来るんじゃないかということで補選がダメだった場合は真面目に市長選に挑戦したいと思っている


Q・
浜田議員は財政金融委員会に入るということだが、これはご自身で希望したのか(27:44~)

A・
※浜田議員より
参院選ではNHK問題が党として唯一の公約だったが、自身の考えでは表には出せなかったがデフレ脱却に取り組みたいと思っていた
そういう意味で今回の財政金融委員会は自らの希望ではある

Q・
既存の地方議員でN国に入党したいという方はいるのか(28:50~)

A・
います。結構大勢います
(それは無所属ではなく?に対し)
既存の例えば共産や自民でということ?ごめんなさい。それは今のところ聞いたことはありません
(今後そういう人が出てきたら面接して受け入れる?に対して)
今、市議会議員や地方議員をされてる方がN国に入りたいと言ったら99%お断りする。メリットが無いから
でも衆院選に出たいという方はお受けする
町とか村とかN国の候補者が立候補しないところは可能性はある
ただN国は議員に上納させるのではなくお金を出すので増やせば党本部のお金が減ってしまう
基本は他の公約で当選された方をただちにN国に入れようという気持ちは全くない

Q・
今、N国は地方議員が31名いるが、今後この人数はどれくらい増えていくか(30:28~)

A・
昨日それを計算した。135名にはなれる実力があると理解している
3年6カ月後の次回の統一地方選挙に向けて135名くらいは大丈夫じゃないかと見ている
理由は明確でこれまでは公認下さいと言われれば全員認めていた、出る人がいなかったので自分でお金出す人は当たり前のように公認してきた
他は僕の方からお願いをして個人的にお金を貸して出てもらうような状況だった
前回の統一地方選では若干の面接はしたが3断ったのは0万円の供託金を出せない人くらい
でも今はハッキリ言って出たいという人がいっぱいいるので、Youtubeで面接して落としにいっている
ダメな人はお金を300万円出すと言ってもお断りしている状態
だから例えば年齢が20代とかイケメンとか、そういう人に衆院選に出てもらい、その後地方議員になってもらう戦略を立てているので、まず候補者の質がものすごく上がる
資金も潤沢に用意できる。これまではお金が無いからビラも配れない状況だった
それと比べたら次回統一地方選では少なく見積もっても135かなと思っている
なぜ今の現職を受け入れないかと言うと、議席を取られるから。今の人を公認しても党費を取ってないのでメリットが無い。
そうではなく国政も地方も新しい人をどんどん入れていきたい。今政治家をしていない人に道を広げたいと思っている
そういう意味ではN国から立候補してもらったら、相当手厚く当選するまで手とり足とりするので公認のラインは高くなっている
東大、京大、早稲田、慶応などそのへんの人たちがどんどん毎日来てくれているので、その人たちの面接をするのに手いっぱいの状態
タマがいいのでもう少しいけるかなとも思う
とにかく衆院選と地方選挙を完全に合体させて考えている、他の政党とは違うと思う

Q・
これから人数が増えると党のガバナンスが必要だがそれについては(34:52~)

A・
ガバナンスはしません。ほっときます
なぜ統治しなければいけないのか。もちろん法律違反や直接民主主義の多数決に従わない議決権行使などの党のルールに背いたら除名などの懲罰をおこなう
それ以外に関しては自由。そもそも何かの枠に入れようというか考えが端からない
コンプライアンスはちゃんとしてもらわないとダメだが、ガバナンスはしない
党独自の統治はしない。法に基ずく統治しかしません

※上杉幹事長より
補足で申し上げると、9月の段階で仮だが「党の人権電源」というものを出している
これは党員だけでなく日本全体が共有するようなコンプライアンス
ぜひそちらの方をご覧頂ければと思います

※立花党首より
家族で言えば門限の様なものでしょ?そういうルールを作るか?という意味でしょ?
N国はそういうルールは作らない
揉めていると代表者として火を消しに行けと思うわけでしょ?いや、なぜ?って話なんですよ
子供たちが喧嘩をしていたら親はすぐに止めてはいけないでしょ?
喧嘩をしてどっちが悪いのか、お互い悪い部分があって、失敗して反省して成長していく
だから最初から党の代表である僕が介入するのは成長を止めることになると思う
逆に僕が統制をしてしまうとまさに独裁になる
今揉めているのは立候補予定者が揉めてると認識しているので、それは選挙で選ばれるわけなので、あまり酷い事をしていたら落選するだけ
もめ事は起こしてくださいとしか思ってないので火消しをするつもりは無い

Q・
平塚氏のコメ欄に「がっかりした」とい意見もありそういう人の票を捨てるのは勿体ない事では?(38:15~)

A・
票なんて勿体ないと思ったらダメ
票を取りに行くということは嘘をつくということでしょ?
常に言っているように「金と女と選挙の票は取りに行っちゃいけない」
平塚氏が言いたいことを言ってそれを評価してくれる人が票を入れればいいのであって、これを言ったら票が減ると思えば嘘つきになる
(でもコメ欄を見ると一連の問題の当事者の対応方法でN国から離れる人もいるに対し)
だから離れたらいいじゃん(笑)
多くの人に理解してもらおうとするから人は嘘をつく
僕は皆さんに本音の自分を出して生きていったらいいじゃないですかと言っている
(そうですかね、はじめから××××と立花党首への反論を遮って)
ごめんなさい。あなたが人に嫌われないようにそう思うのは自由です。
(でも味方になりたいと言う人を××××と立花党首への反論を遮って)
だから味方になりたいと言う人に合わさなくてもいいって言ってるの(笑)
(一回で判断しないで相手の気持ちを考えたりすることもあってもいいのでは?に対し)
だからやりたい人はそうしたらいいって言ってるじゃないですか(笑)
それこそ「余計なお世話」というやつです
(あくまで応援したいという××××と立花党首への反論を遮って)
だから応援しなくてもいいって言ってるのよ(笑)
(この人は考えが違うと拒否してたら勿体ないかなと思うに対して)
だから勿体ないとあなたは思うかもしれないけど僕は思わない
お互いの自由を認めあいましょと言ってるんですよ
相手が理解しなくてもいいんですよ。そういう考えがあることを尊重してほしいと言ってるんですよ
僕は同意はしないだけであなたの考え方を尊重してますよ
あなたの「選挙に勝ちたければ迎合する方が票が取れる」という考えはその通り。でもそれによって嘘をつく政治家がいっぱい生まれてきたんでしょ?
だから平塚氏が自分をそのまま出して、結果評価する人が100人から50人になったとしても、彼にとってはそっちの方が幸せだと僕は思う
嘘をついている自分を認めてもらうことは不幸。それをN国は全面に出している

Q・
海老名市長選での公約は先ほど挙げた二つだけですか?(42:52~)

A・
二つだけではないです。メインが二つ
もちろんいろんな改革をしたいと思っている
やっぱり直接民主主義は導入したいと思っている
例えばゴミ袋について、僕はこのまま無料でいいと思っているが、市民の半数が有料化するべきだというのであれば有料化すべきだと思う
もっと言うとゴミ袋は缶も瓶もペットボトルも燃えるごみも燃えないゴミもひとつでいいと思っている
分別は結構大変、だから税金で分別をするということも一つの方法
まるでそういうことをするのが「悪」という風潮が出来ているだけなので提案はします
受信料不払い家庭五万円助成や市職員給与2倍も住民投票などの多数決に基づいてやりたい
だから住民の過半数の同意が得れない政策はやるつもりは無いし、住民の方からこういうのを変えてほしいというものがあれば出来るだけ速やかに多数決の実施をやっていきたい
全ての市民に納得してもらえる行政は出来ないので、どっちかに決めなきゃいけないものに関しては民主主義のルールに従って多数決で決めたい
どっちかに決めなくてもいいものに関しては分断させる気は無い

Q・
もし補選に落選した時は海老名市長選出馬会見をあらためて開くのか(45:27~)

A・
もちろん、火曜日にやります
海老名市役所で火曜日の13時だったかな?
(では海老名市長選の活動は火曜日から?に対し)
ちょっとビラとかが間に合わないので実質的には政治活動はせず、7日間の選挙運動を行う
選挙運動のポスター、チラシはゲラを作ったので、日曜夜の段階で落選が決まれば印刷に回す
政治活動はほぼせずに選挙活動の7日間にかける
Youtubeの発信は月曜日からガンガンやる

Q・
市長選と同時に海老名市議会選挙があるがこちらの擁立は?(46:51~)

A・
予定通り三宅紀昭氏が立候補する

Q・
次期衆院選戦略本部長に立花党首が就任したということだが、次期総選挙に対しどんなことを考えているか(47:26~)

A・
まず北関東ブロックはびっしりと固める。ここにエースを持っていく
堀江貴文氏には埼玉5区で立憲・枝野氏とぶつかってほしいと打診をしていて感触としてはいい感触
解散が決まった段階で堀江さんも覚悟を決めていただけるのかなと思っている
堀江さんがダメな場合は僕が埼玉5区にまわる
それ以外には唐澤貴洋弁護士、精神科医、30歳の元レースクィーンであったり、10億円出資したいという人もいる
あと47歳慶応大出身とか青汁王子の秘書とか、僕の彼女の司法書士、僕の刑事事件をやってくれてる弁護士とか
北関東ブロックには渡辺善美先生もいらっしゃるので、誰か紹介していただけないか話をしている
今は北関東ブロックを「えーっ、すげえなこのメンバー」というような人で固めたい
肩書が悪ければ年齢が若いみたいな。もっと下世話な話をすると美人を探している。やっぱりそこはインパクトが強い
で、32名固めたうえで次は東京ブロックの25。という順番で今やっている
さきほど言った様にその人が次の市議選でどこに行くのかも含めて動いている
絶対通らない衆議院選にお金を出して出てもらう以上は、後の市議選の説明もしている状況なので、早く解散があった場合は北関東を固め、少なくとも1議席そこで取る
これは時間が経てば経つほど広がっていくので、北関東の次は東京ブロック、その次は近畿ブロックを固めに行く
次は東海ブロック、南関東ブロック、九州ブロック。この6つのブロックについては十分当選できるだろうと思っている
解散が遅れれば遅れるほど、ボリュームが増していくだろう
地方議員が135人には増やせるというが、現職が31名いるので市議会議員のポストが当てれるのはあと100名くらい
そういう意味では強気で集められるのは近畿の途中くらいまでかな
それ以降の市議会議員のポストがないが立候補したいだけの人に関しては党の方でお金を出そうかと思う
最終は全選挙区289を目指す。100人くらいまでは本人にお金を出してもらう。その代わりに国会議員か市議会議員のポストを用意する
そこから溢れる約200名については党の方でお金を出して選挙に出るだけということでやっていきたい
もちろんブロックの1位の人は国会議員の可能性が出てくるので、浜田議員の様に国会に行っても立法の仕事が出来る人を選ぶ
国会議員と市議会議員は明確に分ける
選挙に出るだけの人、例えば清原和博さんとかについては有権者にちゃんと説明をして、選挙と政治を分ける
これまで政党がぼかしてきたことを明確に説明をしていく

Q・
今、清原和博さんの名前が出たが出るんですか?(53:19~)

A・
お声掛けはさせていただいているが、ちょっと先方の問題があって止まっている
他にも著名な方、芸能人やスポーツ関係の方にお声掛けをさせていただいている状況

Q・
立花党首や上杉幹事長が政調会長に就任した浜田議員に今後期待することは?また政調会長就任にあたっての浜田議員の意気込みは?(53:50~)

A・
※立花党首より
僕は浜田議員には質問主意書をバンバン出してもらいたいというのがひとつある
まだうちの党は立法する数の力が無いので、いくら良い法律や改正案を作ったとしてもテーブルにも乗らない
出来るだけの議席が確保できるまでは質問主意書で内閣に対し質問していってほしい

※上杉幹事長より
国権の最高機関である立法府の一員として、非常に丁寧な立法作業というか、今党首も言ったように質問主意書の提出と、それに対する閣議決定を経た答弁書というのもひとつの立法作業の起訴となる部分だと思う
立花党首は意図的にやらなかったが、そういう形で質問主意書で現在の行政府がどんな考えをしているのかの確認作業はとてもいいと思う
一方で、昨日渡辺善美議員と浜田議員とも話をしたが、勉強会や議連もNHKスクランブル化のために視野に入れておきたい
これも立花党首は与党が入ってこないと難しいということだったが、渡辺議員と私も国体の方でお手伝いしながら、なんとか与党も絡めた形で議連をつくることも視野に入れてやっていただくことが非常に期待するところ

※浜田議員より
参院選で掲げた公約であるNHKのスクランブル化には放送法改正が必要ということで、改正案のたたき台を作っていければと思っている
改正案に関しては法制局がお手伝いいただけるということなので進めていこうと思っている
もちろん法律案を出すには参議院で10名、衆議院でも20名が必要なのでそれまでには大変時間がかかるが、選挙で掲げた公約は忘れないようにそういうところは進めていきたい
質問主意書は議員一人で出来るので、積極的に出していこうと思っている
出すことにより政府の方の負担にもなるので、その辺はバランスを取って、でも積極的に出していくつもり

----------------------------------------

以上でした。


コメント欄でご意見を聞かせていただけると嬉しいです。